愛知バスティン研究会
お問い合わせ資料請求

愛知バスティン研究会

愛知バスティン研究会はピアノレッスンをしている、指導者がお互いに学び合う会です
「子どもたちに音楽を通して豊かな人になってもらいたい」、「ピアノ指導者として自分を磨きたい」
そんな想いの先生がたが参加し、社会の中で1人1人が良い発信ができる事を目指して
日々研鑽することに取り組んでいます

活動履歴

【第3回バスティンピアノフェスタ】2018年4月3日

愛知バスティン研究会の2年に1回のフェスティバル

第1回目から、音楽って楽しい~と演奏から伝わる素敵な
デュエットゥをゲストでお迎えして、
バスティンピアノコンクール全国大会の
優秀者コンサートとコラボしたバスティンフェスタ。

午前は愛知バスティン研究会定例会講座
愛知バスティン研究会顧問 藤原亜津子先生の
<今の時代に求められるピアノ指導>のテーマで
藤原先生が大事にされてきた指導の理念を
お伝え頂き、改めてピアノ教育の奥深さを
感じる講座でした。(*^-^*)

デュエットウの<連弾って楽しい‼>のテーマでは、
この講座の為にシンプルな子供の弾く曲を
アレンジして頂き、編曲により、膨らみ、
あまりにも素敵に変わる曲と演奏に、引き込まれました!!(^^♪
午後のバスティンピアノコンクール全国大会の
優秀者コンサートでは、子供達が生き生きと演奏する姿。
ひとりひとりがここまでにくる努力が熱く伝わってきました。
これからもいい体験を積んでチャレンジを続けて
すくすくと成長してほしいと願います。(*^-^*)
そして デュエットゥコンサート。
佳苗先生と有加里先生の会場を巻き込んでの
エネルギーあふれる演奏は,何回聞いても凄い!!!
ラストは名古屋で活躍の横江良太先生との
6手連弾で会場の大きな手拍子と一体になり
大盛況の中でフィナーレを迎えました。

愛知バスティン研究会のビッグイベントの
バスティンフェスタは、役員初めたくさんの方のご協力と、
たくさんの人に参加して頂き、みんながひとつになると
こんな大きな力に、なることを誰もが感じた感動の1日でした。
みなさん 有難うございました(^^♪ 


【第1回定例会】2018年4月26日
はじまりの会

はじまりのごあいさつを日響楽器の道法さんと、
バスティン研究会代表 遠藤久代先生より
いただき今年度1回目の定例会がスタートしました。

役員の紹介や年間スケジュールなどを、
遠藤先生よりお話しいただきました。

今年度より A ・B ・Cのグループに分かれ各々の定例会の
企画 内容 進行 を考え進めていく事となり、
グループに分かれて今後の活動について
ディスカッションも行われました。

今回1回目はAグループの先生方が担当。
グループでのディスカッションでは活動内容の話し合いの他、
自己紹介や日頃のレッスンの悩み、
教材について仲間と学び話し合う貴重な時間でした。

勉強会の後はお楽しみのカジュアルランチ会。
サンドイッチを食べ、お菓子やコーヒーを飲みながら、
仲間とふれあうひととき。
和気あいあいの様子に笑顔いっぱいの
第1回目の定例会でした。


【第2回定例会】2018年5月18日
バスティンピアノコンクール課題曲説明会

熱田文化小劇場にて行われました
2018年度バスティンコンクール課題曲説明会。

バスティンコンクールの課題曲の指導・演奏のポイントを
演奏付きでアドバイスいただきました。

講師にはたくさんのコンクールの審査員をされている、
飯田桂子先生をお迎えして、ポイントをおさえた
分かりやすい課題曲についての説明と共に、
ピアニストとして活躍されています横江良太先生に、
課題曲を演奏して頂き、魅力ある音色は、ホールいっぱい響き、
ひとつひとつの曲に新たな発見があり、
みなさん真剣に聞き入っていました。

課題曲は、バスティンのパーティやベーシックス等から
出されているので、日頃のレッスンで
取り組んでいる曲でチャレンジできます。
バスティンコンクールは、音楽の美しさピアノを
弾く事の楽しさを通し、子供たちの豊かな感性が
育つ事を願い開催されるコンクールです。
今年も子供達がいっぱい成長しますように(^_-)-☆


【第3回定例会】2018年6月15日
バスティンピアノコンクールと
愛知バスティンピアノ指導法ライセンスについて

バスティン研究会、今年度3回目の定例会。
この日のテーマは遠藤久代先生による
「バスティンコンクールの特色」と
「ピアノ指導法ライセンス」について
お話ししていただきました。
バスティンピアノコンクールを教室にどう取り入れ、
子供たちをより良く育てていく
素材として活用していけることなど、
改めてバスティンピアノコンクールの魅力を感じる
お話しをお聞きする事が出来ました。

ピアノ指導法ライセンスでは、名称もこの度

<愛知バスティンピアノ指導者ライセンス>

と、改称いたしました。  

新たな試験内容や、自分を磨くために
どんなテーマを掲げて行くかを
遠藤先生より分かりやすく説明していただきました。

愛知バスティン研究会では、
音楽大好きな子供たちを育てていきたい
気持ちを大切に一歩一歩前進しています。


【第4回定例会】2018年9月26日
「第9回目を迎えるバスティンピアノコンクールの歩み」
近藤三倭子先生

2010年のバスティンピアノコンクールの立上げから、
現在に至るまでのいろいろなエピソードをお話して頂きました。
当初、140名だった参加者が、今年は292名に増え、
開催地区も7地区となりたくさんの生徒さんに参加して頂き、
参加して良かったと思って頂けるように
指導者の観点から多くの工夫を取り入れてきました。
子供達と指導者と共にバスティンピアノコンクールも
育ってきました。

「ピアノの表現に繋がる身体と意識について」
水野千春先生

表現最優先のピアノ演奏は、
海外でも高く評価されるという旨のお話をいただきました。
スペースウォークを体験して、バス研の先生方同士の
お名前を覚えあったり、自然に笑顔になり、
意識を変えて行動する時にその場の空気が変わることを学びました。

「愛知バスティンピアノ指導者ライセンスについて」
遠藤久代先生

この度 新体制となる
愛知バスティンピアノ指導者ライセンス
について、お話ししていただきました。

東音企画の認可をいただけた事で、私達指導者も大変嬉しく、
また自分磨きの為に更なる目標にしたいと思いました。
今年のライセンス試験日は12月21日です。


【バスティンピアノ コンクール】2018年10月14・15日
- 名古屋地区予選開催 -

名古屋市名東文化小劇場で開催されました
バスティンピアノコンクール名古屋予選。

音楽をはじめたばかりのちびっ子から高校生までの
292名の演奏がホールいっぱい響き渡りました。
参加されたすべての方に審査員直筆の
講評用紙がいただけ、ピアノ学習者にとって
とてもいい目標になります。

地区予選は名古屋会場の他、
三重・日響楽器・神戸 ・富山・北陸・姫路・大阪・静岡地区で行われ、
優秀賞を受賞された方は12月22・23・24日に
名東文化小劇場にて行われます
バスティンピアノコンクール全国大会
に参加する事が出来ます。


【第5回定例会】2018年10月31日
日帰り旅行

バスティン研究会初めての日帰りバスツアーです。
朝8時に名古屋駅を出発して、浜松の楽器博物館へ。
楽器博物館では世界のさまざまな楽器を見たり、
オルガンからチェンバロ ピアノまでたくさんの
鍵盤楽器を見て、触れて、聞いて、
仲間と学ぶことが出来ました。

そしてその後は
アクトシティホテル浜松にて
ランチバイキング。
美味しい料理にみなさん、笑顔いっぱい。

その後はうなぎパイファクトリーで
ショッピングをして龍潭寺で参拝。
龍潭寺では庭園が本当にステキなところで、
心癒されたひとときをいただきました。
学びあり 食あり 芸術ありの楽しい一日で、
愛知バスティン研究会の親睦がさらに深まりました。


【バスティンピアノコンクール全国大会】
2018年12月22日、23日、24日          

各地区予選から優秀賞受賞者の
待ちに待った全国大会。

この日を目指してたくさんの練習を重ね、
素晴らしい演奏舞台になりますように(^^♪


【第6回定例会】2019年1月8日
新年会

池下 日響楽器ホールにて
10:00~13:00まで

●バスティンピアノコンクール2018指導者賞表彰式
●愛知バスティンピアノ指導者ライセンス 表彰式
●新年パーティー


【第7回定例会】2019年3月25日
おわりの会

1年研究会活動してきたことを振り返り、
また新たな愛知バスティン研究会をみなさんで
作り上げていくことを、ディスカッションし、
指導者が和をもって繋がっていき地域に
素敵な提案ができる研究会を目指します。

1年間の定例会は
1回1回がとても充実しています。
新しい仲間と研究会活動の輪を、
広めていきたいと思います。


活動の最新情報はFacebookをチェックしてください
愛知バスティン研究会についてのお問い合わせはこちら